スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 --:-- | スポンサー広告 | コメント(-)

タンゴエクスプローラーお別れの日 その2


さて夕方に西日にキラキラと輝きながら由良川橋梁を行くエクスプローラー使用の観光列車
「タンゴ浪漫」号を撮影後、一旦西舞鶴駅へ向かいました。
ここでは京丹後市のお友達らと一緒に整備を受けるエクスプローラーの
スナップ写真などを撮影して過ごしました。
そして17時36分発のエクスプローラー使用のデラックス普通列車に乗って福知山へ向かいました。
3/15福知山スナップ2
今宵の福知山駅は、何やらただならぬ賑わいを見せています。
そうです!JR西日本の特急型電車183系のラストランセレモニーが行われるからです。
その様子はこちらでは割愛しますが、地元学生によるジャズの演奏や福知山市長さんや
駅長さんのあいさつなど、それはそれは素晴らしいセレモニーでした。
そして2つの183系が発車した後の福知山駅は、再び落ち着きを戻しつつある中、
テレビ局の記者さんと再び合流。
今度はKTRの社員さんの方もご一緒です。
早速取材撮影が開始されました。
まずは私が夜の福知山駅にやって来る様子、
KTRのりばへ向かうシーン、
改札を通って階段を登ってホームに出る様子などが撮影され、緊張しました。
3/15福知山スナップ
そして停車中のラストラン列車となる特急「たんごリレー7」号をバックにインタビューを受けました。
普段喋っている様な、言いたい放題の話口調はどこえやら…!
緊張のせいか、どうもよそ行きのおとなしめな話口調となってしまいます。
これは自分本来の話口調ではない!と思いながらも、なかなか思い通りには行かないものですね〜(汗)
ブ野木さん8
写真は早くも終点の豊岡駅に到着してからのシーンになります。
ブ豊岡2
実は福知山駅を発車後も、殆どの時間取材に応じていたため、私自身が撮影した写真は全く無いんです(汗)
でも車内ではちょっとしたサプライズな出来事もいくつかありました。
まず1つ目は、福知山駅を発車する際、「虹の彼方へ」のミュージックホーン」を鳴らしてくれた事。
これはその後も各主要駅においても鳴らしてくれました。
私は実際に耳にするのはこれが初めてで、今更ながら感激しました!
もう1つは、車掌さんが車内放送で、大変丁寧なお別れアナウンスを2度にわたり行ってくれた事。
これを聞きながら、乗り合わせた乗客の皆さんも、感慨深かったのではないでしょうか!?
そしてその車掌さんが、何とタンゴエクスプローラーが登場するにあたって
配布された当時のリーフレットを配って下さったのです。
これには私も大喜びで、早速頂いたリーフレットを見て喜んでいる様子も撮影されましたが、
このシーンはカットされていました(笑)。
そして豊岡駅到着後も直ちに撮影が行われます。
まずは私が座席を立ち、客室からデッキを通って車外に出て、
徐にエクスプローラーの車体を見つめながら歩くシーンの撮影で、緊張しました(汗)
そしていよいよ京丹後市の方がご用意して下さった花束を、
二十数年間にわたり沢山撮影させて頂いた感謝と労いの気持ちを込めて
、乗務員の方々への花束の贈呈がおこなわれました。
ブ野木さん7
これはタンゴエクスプローラーの大ファンである私にとっては、誠に誉れ高き事で、ファン冥利に尽きました。
ブ豊岡1
お世話になった皆様方、並びにKTRさんに、心より感謝申し上げます。
ブ野木さん2
この後もさらに取材が続きます!
それにても、この夜は放射冷却のせいで、めちゃめちゃ寒かったんです!
顔はにっこり笑顔でも、身体はブルブル震えていました。
集まった皆さんも同じだったのではないでしょうか!?
ブ野木さん4
そして僅かな時間ではありましたが、各関係の皆々様と楽しく談笑した後、
私達は昼間にあらかじめ送り込んでおいた車に乗って一路尼崎〜西宮を目指しました。
時刻は既に22時を過ぎていますが、こんな遅い時間に豊岡を出て帰路についたのは、
これが初めての事でした。
ブ野木さん3
運転席には花束が!


写真提供  京丹後市の方
      尼崎のお友達

本当にありがとうございました。

スポンサーサイト
2013年04月01日 16:42 | タンゴエクスプローラー | コメント(2)

タンゴエクスプローラーお別れの日 その1


ブ野木さん4
2013年3月15日
この日は長年に渡り好きで撮影を続けて来た北近畿タンゴ鉄道(以降KTR)の特急型車両
「タンゴエクスプローラー」が、定期運行を終える日なのです。
それにあたり、何とテレビの取材を受ける事になり、今回はそのお話です。
事の発端は、いつも親しくさせて頂き、お世話になっている京丹後市の方に、最終日のラストランで、
ささやかで構わないから、何かお別れのセレモニーみたいな事が出来ないものか!?
と相談を持ちかけた事が始まりだった様に思います。
その提案に京丹後市の方も大賛成して下さり後日、
何とKTRさんの協力の元、テレビの取材まで取り付けて下さったのです。
ところがラストランの翌日が土曜日のため、平日のニュースでの放送が困難で、
おまけに放送は少し先になりそうで、こうなるとニュースとしての新鮮味が薄らぐので、
何か手だてを考える必要がありました。
そこで何と長年に渡りエクスプローラーを愛し、
撮影を続けて来た私に白羽の矢が向けられる事になったのです。
これも同じく引退するJR西日本の183系特急型電車が、
盛大なお別れセレモニーが行われるのとは対照的に、ひっそりと引退する
愛しきタンゴエクスプローラーがテレビのニュースで取り上げられ、
脚光を浴びるとまではいかないまでも、多くの方々に見て、知ってもらえるまたとない機会なので、
微力ながら出来る限り協力させて頂きました。
ブ3/15公庄スナップ4
3/15の早朝6時に大江駅前でテレビ局の記者さんと落ち合い、早速取材がスタート。
まずが私が仮眠している車から眠そうな顔をして降りて来て、コメントをするシーンを撮影しました。
そして撮影地に向かい、到着した現場が生憎雑草が伸びて撮影が困難で移動する事に。
ここでもなぜ撮影出来ないのかコメントしている所も取材されました。
テレビで放送されるのは、恐らく数分くらいだけれど、そのためには、ありとあらゆるシーンを
きめ細かに撮影し、それを上手く編集して素晴らしい作品が仕上がるのです。
ですから、どのシーンでも一生懸命頑張って取材に応じました。
ブ公庄スナップ1
急遽予定を変更して訪れた大江ー公庄間にある築堤が、幸い雑草は綺麗に刈られていて、
快晴の青空の下。のびのびをしたアングルで撮影する事が出来た。
上の写真は、左川の方がテレビ局の記者さんで、この方おひとりで撮影からインタビューまで
何役もこなさなければならないので、大変なお仕事です。
無事に放送されたら、この方のご苦労が報われるんだなぁと、つくづく思いました。
ブ3/15公庄3
朝1番にやって来る特急「たんごリレー」は、昇りたての朝日をいっぱいに浴びて、
きらめいていました!
引退する車両とは思えない、登場時を彷彿させる美しさです!
ブ3/15公庄スナップ3
列車を待つ合間にも、色々と取材を受けます。
ブ公庄スナップ2
脚を開いて構えます。
右側の車はテレビ局の方の車で、この方は何と車の屋根に上がって撮影しておられました。
ブ3/15丹後神崎2
一通り撮影が終了。
この後、一旦テレビ局の方をお別れし、私達は車を最後のエクスプローラー乗車後に備えるため、
車を豊岡駅のパーキングまで送り込み回送。
豊岡駅から丹後名物「ばらずし」を食べながら、普通列車に揺られて一路丹後神崎を目指します。
本当はこちらも最終運用となるエクスプローラー使用の特急「たんごリレー86」号に乗る予定でしたが、
あまりのお天気の良さに急遽、名舞台由良川橋梁でエクスプローラー使用の観光列車「タンゴ浪漫」号を
撮影する事に!
この「タンゴ浪漫」号も本日が最終日で、今後このダイヤで由良川橋梁を渡る事はない。
由良川橋梁を最徐行でゆっくりゆっくりとやって来る列車に、大きく手を振りながら撮影した。

続く

写真提供  京丹後市のお友達
      同行してくれた尼崎のお友達

    (私が写っていないものは本人が撮影)

2013年03月31日 01:54 | タンゴエクスプローラー | コメント(2)

タンゴエクスプローラー三昧な1日 その2


宮津駅で特急「たんごリレー81」号を見送って、駅前のカフェ「村田堂」さんで一休み。
その後、野田川にあるイタリアンレストラン「クッチーナ」さんへ行く事になり、
宮津12:30発の227Dに乗り込みました。
ブ3/7野田川1
この列車は2両連結で、何と夢列車1と夢列車2の、珍しい夢の共演といったところです。
車内は地元学生で混合っています。
中には中国か台湾からの観光客も混じり、車内はより一層賑やかに!
彼らはひとつ先の天橋立で下車して行きました。
ブ3/7野田川2
野田川駅では「宇宙戦艦ヤマト」のラッピング車と行き違いました。


ブ3/7野田川3
駅からおよそ10分足らずの「クッチーナ」さんでランチを頂きました。
急げば13:42発の2234Dに間に合いそうですが、その普通列車に乗るのは諦め、
次の特急「たんごリレー86」号天橋立行きに乗る事にしました。
この日は「ローカルフリー1日乗車券」を使っているため、この列車に乗るために
野田川ー天橋立間の普通運賃と特急券を購入。

特急「たんごリレー86」号は京都からの特急「はしだて5」号と行き違います。


ブ3/7天橋立1
天橋立に到着すると、隣のホームに京都行きの183系特急「はしだて」と
豊岡行きの普通列車231Dが並んで停車しています。
普通車はトイレの無いKTR800型で、かなり傷んでる印象を受けます。
一方の特急「はしだて」の183系は、間もなく引退し、廃車となる予定です。
この並んだ写真を鉄道に詳しく無い一般の人が見ると、
恐らく引退するのは間違え無くKTR800型の方だと思うだろう。

ブ3/7タンゴ浪漫1
先程野田川駅から乗車した特急「たんごリレー86」号は、天橋立から
普通観光列車「タンゴ浪漫」号西舞鶴行きとなります。
宮津線屈指の車窓を楽しめる奈具海岸の見える区間で一旦停止して、
美しい日本海の景観を存分に見せてくれます。
また可愛いアテンダントさんが丁寧な観光案内もして下さいます。

写真は丹後由良駅で対向列車網野行き普通列車333Dと行き違います。
こちらもトイレの無いKTR800型で、かなり傷みが目立ちます。


ブ3/7タンゴ浪漫2
丹後由良駅を発車すると、いよいよこの列車最大の見せ場、由良川橋梁を最徐行で通過します。
ホント、まるで広い河口の上を、のんびりと散歩をしている様です!

ブ3/7タンゴ浪漫3
由良川を渡り終え、丹後神崎駅を発車後は、本来の走りに戻り、軽快に飛ばします!
運転士さんの手にも力が入ります!

ブ3/7アテンダントさん
終点西舞鶴駅に到着したタンゴ浪漫号。
シックな装いの可愛いアテンダントさん。

ブ3/7西舞鶴1
西舞鶴の留置線に停車中の「宇宙戦艦ヤマト」ラッピング車。

ブ3/7西舞鶴2
タンゴディスカバリー車と夢列車1

ブ3/7西舞鶴3
折り返しの短い時間内で整備を終え、早くも次の運用である
西舞鶴発福知山行き普通列車(宮津から快速)となるエクスプローラー車。
私達はこの列車に乗って、この日最後のエクスプローラー車の乗車を楽しみます。
それにしてもエクスプローラー車は、早朝から夜遅くまで走りっぱなしの運用です。

ブ3/7西舞鶴4
タンゴディスカバリーや夢列車1に見送られながら、車庫を発車してホームへと入線します。

ブ西舞鶴
満足気な私。

2013年03月14日 01:38 | タンゴエクスプローラー | コメント(8)

2/28の撮影 その2


ブ2/28浪江5
先日の2月28日に撮影した分の続きです。
このところ毎回の撮影で、すっかりパターン化されてしまい、
晴れるといつも同じ場所での撮影になりがちで、何とか打開策はと考えるのですが、
なかなか良いアイデアは浮かびません(汗)
上の1枚目の写真は、福知山発天橋立行きの快速「大江山1」号です。

ブ2/28浪江7
1枚目の写真を撮影したら、すぐ横のガードをくぐると、この場所に行けます。
移動時間は僅か10秒ほどです!
宮津駅でスイッチバックして天橋立へ向かう先ほどの快速「大江山1」号の少し前に、
この豊岡行き普通列車がやって来ます。
今日は宇宙戦艦ヤマトのラッピング車でした。

ブ2/28浪江8
普通列車の後、程なくして先程の快速「大江山1」号がやって来ます。
あらら〜!車体側面に電線の影が落ちてしまってますねぇ(汗)
でもこの角度だと、白い鼻の部分がごまかせます。

ブ2/28公庄1
この列車は福知山発天橋立行きの観光快速列車「大江山浪漫」号です。
撮影地も大江山を越えて、福知山市大江町にある公庄駅付近へやって来ました。
この周辺は現在、由良川の築堤改良工事がたけなわで、
工事関係のダンプカーなどが頻繁に出入りします。
私達は工事関係の車両が沢山停まっている横に車を駐車させてもらい、
工事関係の方の了承を得て、邪魔にならない道路の端っこから撮影させて頂く事が出来ました。
工事関係の方が「なんか魅力的な列車が通るんですかぁ!?」と話しかけて来られました。
私は詳しく説明するのもしんどいので、
「はい!来ますよぉ〜!」
とだけお答えしてカメラを構えました。
程なくエクスプローラー車による快速「大江山浪漫」号が軽快に通過し、
工事関係の方々も見ておられました。


2013年03月03日 01:29 | タンゴエクスプローラー | コメント(0)

今年初めての雪景色(後編)


ブログ用2/21i
先週の2/21の北近畿タンゴ鉄道の撮影は、私にとって今年初の雪景色に恵まれました。
幸い道路の路面に積雪や凍結は、そんなに大した事が無く、
何とかノーマルタイヤの車で廻る事が出来た事も幸いでした。
1枚目は朝の通勤通学列車で、2両編成です。
出来れば写真映えのする鳶赤のMF200に来てほしかったところですが、
なかなああそう上手くは行きませんね〜。
ブログ用2/21f
木々に付着した雪が美しいですが、エクスプローラー車は背景に同化し易く、
なかなか難しいです。
ブログ用2/21m
後追い気味もすかさずパチリ!って言うかパソャパシャパシャ…!
ブログ用2/21e
この場所はかつての北近畿タンゴ鉄道野田川駅ブログ駅長さまがよく撮影され、
最近では地元ファンでお友達の北近畿タンゴ鉄道写真館さま北近畿タンゴ鉄道写真館さまが
よく撮影しておられる場所で、訪れたのは実はこれが初めてでした。
着雪した杉木立にエクスプローラーのノーズが映える事を期待しましたが、結果はご覧の通り。
オリジナル画像は、エクスプローラーのノーズはどす黒く落ち込み、仕上がりを見てガッカリしました。
帰宅後、ノーズを明るくしてみましたが、その結果、背景の杉木立は白っぽく飛んでしまいました。
なかなか上手く行かないものですね〜。
ブログ用2/21b
福知山発の快速「大江山浪漫」号を撮影後、午後の豊岡発の特急「たんごリレー86」号が
撮影出来ればと思い、大江山越えの府道をこの日は避け、
由良川沿いの国道を迂回して宮津へ向かいました。
栗田駅に差し掛かると、待機中のエクスプローラーが見えたので、
もしかしたら宮津発の特急「たんごリレー81」号も撮影出来るかも知れません。
そして辛うじて雪降る岩滝口駅付近で撮影出来ました。
こちら側のノーズは「鼻白」が特徴です(笑)
ブログ用2/21d
この後、さらに降雪が酷くなって来たので、もう午後の「たんごリレー86」号の撮影は諦め、
雪が少ない福知山寄りへ退散する事にしました。
往路では雪が積もっていなかった国道も、復路はうっすらと雪が積もっており、
早めに切り上げて正解でした。
途中で赤信号で停車する際、スリップして焦りました。
再び宮福線の大江山口内宮や二俣周辺へ行きましたが、
気温の上昇と共に白く美しかった木々の雪は殆ど無くなってしまってました。

2013年02月25日 02:53 | タンゴエクスプローラー | コメント(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。