スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 --:-- | スポンサー広告 | コメント(-)

丹後由良駅のタブレット交換


丹後由良タブレット
JR時代の懐かしいタブレット交換の風景です。

急行丹後タブレット

特急「あさしお」は通過しながらタブレット交換をしていましたが、
急行「丹後」は時刻表上では通過扱いでしたが、停まって交換していました。

丹後由良急行タブレット

この頃は駅員さんが居る駅がまだ多くありました。

スポンサーサイト
2012年01月31日 15:33 | 急行丹後etc | コメント(2)

雪の中の「けいおん」


けいおん大雪
2012年のお正月休みは、思い切って4日間を北近畿タンゴ鉄道の撮影に費やしました。
それはこれまで冬の北近畿タンゴ鉄道を真剣に撮影した事が無かったからです。
四季を通じて写真を綴ってみても、どうしても冬が無く、今回の撮影でその問題が解消出来るかな!?
この写真はその最終日の1月4日に撮影しました。
元旦からの三が日は、年末に降り積もった積雪が残ってはいましたが、とても穏やかな気候が続き、
その積雪も日に日に少なくなって行きました。
そして最終日の4日目に、わりとまとまった降雪があり、寒かったですが色々と撮影を楽しみました。
しかしながらこの「けいおん」ラッピング車だけは、もう少しクリアな条件下で撮影したかったですが、
そう上手く行くものではありませんね(笑)。

2012年01月30日 17:08 | けいおん | コメント(2)

冬の日差し


EXP赤坂俯瞰

この写真は前項の「雪化粧した山肌」と同じく2012年1月12日に撮影しました。
峰山ー網野間にある古墳の上からで、電線の処理に苦労しなければならない所です。
列車は確か本当はディスのはずだった特急「たんごリレー3号」です。
車両は第1次車のKTR001編成で、エクスプローラー車が1運用しかない日にこれが入ると
ハズレなんです。
なぜなら車体の塗装はムラだらけで、部分によっては見るに堪えない有様なんです。
知人に写真を見せても、
「それはそうと何これ!汚い電車やなぁ!」
なんて言われる始末。
北近畿タンゴ鉄道が誇る看板列車がこんな状態では困ったものです。
でも、察するに懐事情等々、言うに言えない事情があるのでしょう。
でもこの日は、この季節にしては珍しい穏やかな空模様で、
日中でもわりと斜光線となる冬の日差しが結構眩しく降り注ぎました。
おかげで列車通過時は、丁度車体側面にまともに陽が辺り、
塗装のきたないムラなどは完全に飛んだので、
背景のシャドー部も相まって、なかなか良く撮影する事が出来ました。
しかし、原板では列車先頭部の白くムラになった鼻の頭だけは確認する事が出来ます(笑)。

2012年01月29日 17:07 | タンゴエクスプローラー | コメント(2)

雪化粧の山肌


雪景色EXP
この写真は2012年1月12日に撮影しました。
雪が心配でしたが幸い路面に積雪はなく、難なくここまで車で到達出来ました。
この日は前夜に降り積もった雪が山肌の針葉樹などにうっすらと付着し、なかなか綺麗でした。
しかしそれは夜が明けて朝日が顔を出すとみるみる溶けて、
快速「大江山浪漫」号が通過する頃にはもうすっかり溶けてしまいました。
チャンスに恵まれたら、また改めて撮影してみたい情景でした。

2012年01月28日 17:13 | タンゴエクスプローラー | コメント(4)

心に残るシーン


KTR内宮新緑011
この写真を撮影したのは確か待望のタンゴエクスプローラー第2編成(KTR011_012_013)
が登場した年の5月に撮影しました。
1993年ですね。
この時使用した機材はアサヒペンタックス6x7でレンズは45ミリです。
ここに少しだけ顔を出しているのは第2編成の方です。
撮影地は大江山口内宮のやや二俣寄りにある小さな神社の境内です。
太古の昔、かつてこの付近が伊勢神宮だったと言われ、
現在は元伊勢と呼ばれ、内宮や外宮もあります。
現在の伊勢神宮も内宮、外宮をはじめとする付近一帯に点在する神社を総称して
「伊勢神宮」と呼ばれているので、
きっとこの小さな神社も元伊勢神宮の一部ではないかと思われます。
この写真は、うっそうとした日本的な佇まいと、近代的なデザインの列車との組み合わせで、
その対照的な被写体の組み合わせが気に入ってます。

2012年01月27日 17:07 | タンゴエクスプローラー | コメント(4)

大雪のため本日の撮影断念!


EXP大宮5
私は主に毎週木曜日がお休みなので、今日(1/26)も前夜から西宮を自家用車
(ノーマルタイヤ)で北近畿タンゴ鉄道の撮影に出掛けました。
スタットレスタイヤではないので、もし途中で走行困難になったら、
最寄り駅から始発を利用しようと考えてましたが、
何とか大江駅前まで辿り着く事が出来ました。
しかし、明け方にかけてまとまった積雪があり、
黄色い車がまるでかまくらみたいになっていてびっくり!
車に積もった雪をどかして恐る恐る車を動かすと湿雪のせいか、辛うじて走れたので、
とりあえず二俣辺りまで徐行運転で行ってみる事にしました。
ところが雪は一向に止む気配が無く、暫く路肩に車を寄せて様子を伺っていると、
地元の駐在さんが心配して見に来れるではありませんか!
窓を開けて北近畿タンゴ鉄道の写真を撮影しに来て今、
少し様子を見ている旨を伝えると、親切な駐在さんは
「雪は止むどころか、これからますます強くなって、もうこの車では動けなくなるから
今日は帰った方が良い」
とアドバイスして下さり、それに従う事にしました。
国道は往路とはうって変わって真っ白になっていて、
福知山市内の国道9号線の上り勾配では大型トラックが何台かスリップして立ち往生し、
少し渋滞していました。
結局今日は1カットも撮影する事は出来ませんでしたが、
事故やトラブルも無く帰って来れたので良しとしましょう。
次回はちゃんと途中から列車を利用する事にしないといけませんね。

今回の画像は、今年(2012)のお正月に撮影しました。
もう何年も北近畿タンゴ鉄道を撮影していますが、
雪景色の中での撮影はこの時が初めてでした。

2012年01月26日 15:00 | タンゴエクスプローラー | コメント(4)

おろしたての青タン


木津温泉KTR700
この写真は北近畿タンゴ鉄道になってから初めて訪れた時に撮影した1枚です。
季節は3月。
桃の花は綺麗ですが、丹後地方は晴れたり時折激しい時雨が降ったりと、
まだ完全には春になりきれていない天候でした。
この写真もご覧の様に、画面後方は雲の影で、ころころと変わる露出に苦労しました。
列車通過直前に陽が差したおかげで露出を絞りきれず、
ややオーバーな画像に仕上がってしまった事が悔やまれます。
しかし今こうして見て見ますと登場直後のKTR700(800)は、
おろしたての真っさらで、まるで模型の様に見えますね〜!
ちなみにこの次にやって来る特急タンゴエクスプローラー1号撮影時は、
列車通過直前に激しい嵐となり全身ずぶ濡れになりながら撮影。
せっかく撮影を楽しみにしていたので、思わずほぞを噛みました。
その撮影後、冷えた身体を温めようと、
このすぐ近所にある木津温泉の公衆浴場(確かしらさぎの湯だったかな!?)へ向かいました。
しかしこちらの温泉の特徴でもある何ともぬるいお湯で、
なかなか温まらなかった事を懐かしく思い出します。

2012年01月25日 15:28 | 宮津線 | コメント(2)

霧の宮福線


霧MF100内宮
まだ未電化だった頃の宮福線二俣ー大江山口内宮を行くMF100です。
この日、私はレインボーリゾート使用の特急タンゴエクスプローラーを撮影するために
ここを訪れました。
到着時はこの様な霧に包まれた情景でした。
1990/6月

2012年01月24日 17:15 | 宮福線 | コメント(2)

ありがとう宮津線


キハ47ありがとう宮津線
1990年3月、第3セクター鉄道「宮福鉄道」(後の北近畿タンゴ鉄道)への移行を控え、
1部の列車におわかれヘッドマークが取り付けられました。
私はC56 160が牽引する「おわかれ列車」を撮影するため、移行間近の宮津線を訪れました。
この写真は確か東雲駅で撮影しました。

(姉妹サイト鉄道写真ファクトリーアネックスより再掲載)

2012年01月24日 01:09 | ありがとう宮津線 | コメント(4)

タンゴエクスプローラーファーストショット!


春の内宮EXP
1990年3月、それまでのJR宮津線は廃止となり、
福知山ー宮津間を1988年に開業した第3セクター鉄道「宮福鉄道」に引き継がれました。
それを機に名称も「北近畿タンゴ鉄道」に改められ現在に至っております。
この写真はその年の4月に撮影しました。
聞き慣れないエンジン音を山間部に響かせながら、真新しい新設特急「タンゴエクスプローラー」が
颯爽と駆け抜けて行きました。
これがタンゴエクスプローラーを撮影した記念すべきファーストショットとなりました!
そしてこれを皮切りに現在に及ぶ今日まで、
このタンゴエクスプローラーとのなが〜〜〜い付き合いが始まるのです。

2012年01月22日 16:32 | タンゴエクスプローラー | コメント(2)

懐かしのタブレットキャッチ


あさしおタブレット
丹後由良駅を通過する特急「あさしお」です。
この撮影時は毎日こんな情景がみられましたが、撮影したのはこの時だけです。
今から思えばもっと熱心に通っておけばよかったと思うが、こればかりはもう仕方がない。
1989/9撮影

2012年01月21日 15:16 | あさしお | コメント(2)

代用エクスプローラー


トンネル越し181
北近畿タンゴ鉄道にまだエクスプローラー車が1編成だけだった頃に撮影した代用特急です。
たった1編成しか無いため、検査入場などの際は、この様にJR西日本のキハ183系が代役を勤めました。
鉄道エッセイストで有名な故、宮脇俊三氏が発足間もない北近畿タンゴ鉄道に乗る為に京都駅から乗車したのもこの代用特急でした。
ハイデッカーで真新しい最新の特急車両に乗車するのを楽しみにしていた宮脇氏は、この代用特急にガッカリ!
何と途中で嫌になり下車されたとか…。

2012年01月20日 15:31 | タンゴエクスプローラー | コメント(2)

大江山口内宮の新緑


内宮新緑MF100
新緑の宮福線を行くMF100型普通列車

2012年01月20日 01:00 | 宮福線 | コメント(0)

こんにちはタンゴエクスプローラーです!


お試し
これまで撮影してきた北近畿タンゴ鉄道の写真を公開いたします。

2012年01月20日 00:17 | タンゴエクスプローラー | コメント(0)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。