スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 --:-- | スポンサー広告 | コメント(-)

初夏の丹後路


順光EXP
丹後大宮のお手軽撮影地より撮影。
ここでの撮影は意外にもこの時が初めての事でした。
2枚目の写真はアニメ「千と千尋の神隠し」の1シーンの様です(笑)。
大宮跨線橋EXP

スポンサーサイト
2012年06月27日 15:21 | タンゴエクスプローラー | コメント(2)

宮福線水のある風景2


宮福水田
宮津と福知山とを結ぶ北近畿タンゴ鉄道宮福線は、
途中にそびえる大江山を2つの長いトンネルでほぼ一直線で貫いています。
宮津を出た列車はしばらくの間、のどかな山間の田園の中を走りますが、
やがて大江山へと続く上り勾配へと差し掛かります。
ここは大江山を貫くトンネルのひとつ、普甲トンネルの入口付近で、
小川が流れ、緩やかな棚田が広がる美しい谷間の集落といった風情です。
宮福水田2

2012年06月25日 16:12 | タンゴエクスプローラー | コメント(2)

赤麦鮮烈


赤麦
この写真は、特にパソコンでいじってこんな色調になったのではありません。
プリントをスキャンして、まぁそれでもホコリやコントラストなど、
パソコンで見易い様に多少はいじってますが、
オリジナルとはさほど変わっていないんですよ〜。
5月も終わりを迎える頃、舞鶴17:36発のエクスプローラー普通列車を撮影後、
帰途に就くべく国道を福知山方向へと走ります。
途中、大江辺りから国道は北近畿タンゴ鉄道宮福線と、
ほぼ並走しながら福知山へと進みます。
日没も随分と遅くなり、夕方の撮影も楽しめるこの季節、
宮津18:09発エクスプローラー使用快速「大江山2号」をどこかで撮影しようと思い、
太陽が沈む方向に高い山が少ない牧辺りで撮影ポイントを探す。
すると一面に広がる麦畑を発見!
列車は間もなくやって来るので早速カメラを用意する。
太陽は生憎薄雲に隠れ、メリハリのあるコントラストは望めまい。
しかしせっかくなので、ダメかも知れないがやって来た列車を撮影。
するとエクスプローラー特有の明るい色調に加えて、
屋根までせり上がった局面窓が僅かな太陽の光を受けキラリと光り、
まんざらでもなかった。
数日後、仕上がったポジを見て驚いた。
想像していた以上に、麦畑が赤く綺麗でした。
これはあの偉大なる風景写真家 故、前田真三氏の名作中の名作
「麦秋鮮烈」を思い浮かべずにはいられない(笑)。
そこで今回のタイトルは、作品そのものレベルは到底それには及ばないが、
ちょっと真似して付けてみました。

2012年06月23日 15:57 | タンゴエクスプローラー | コメント(2)

サイドビュー


EXPサイド流し
真正面、真横、斜め前、斜め上etc、
どの角度もカッコいいタンゴエクスプローラーです(褒め過ぎ!?)
ですが私がこの車両が好きになった大きな理由のひとつです。
また、さまざまな光線状態でも、それぞれ表情が大きく変わったり、
角度によっておその印象が大きく変わるフォルムも、
写真的にはとても面白い被写体です。
そして後に登場したタンゴディスカバリーは、
そのフォルムはエクスプローラーに比べ、
やや大人しいデザインですがその反面、
さまざまな運用に対応出来る、
非常に機能的な車両と言えるでしょう。
ktr5月4

2012年06月21日 21:36 | タンゴエクスプローラー | コメント(0)

ピカピカのディスちゃん


全検明ディス
先日、北近畿タンゴ鉄道の特急車両「タンゴディスカバリー」の1編成(2両)が、
米子にあるJR後藤工場において、
自動車で言うところの、いわゆる「車検」を受け、
ピカピカになって戻って来ました。
この写真では、そのピカピカ度は、あんまり表現出来なかった事が
悔やまれます。
おまけに早くもおでこにディーゼルエンジンの排ガスによる黒い煤が…
姉妹車のエクスプローラー車は、恐らく車両限界ギリギリであまり高い煙突が
付けれないのかも知れませんが、
このディスちゃん、排気口にちょっとしたフィンみたいなのを取り付けたら、
もりかしたら風の流れが変わって、こんな汚れ方はしなくなるのでは…!?
なんてまた余計なおせっかいを…(笑)。

2012年06月20日 09:39 | タンゴディスカバリー | コメント(0)

困った時の縦流し


縦流し
こんな真上からの縦流し撮影は、本当に久しぶりの事です。
前回はいつやったかなぁ!?
ああ、そうそう!
確かかつて東京ー出雲市を結んでいた寝台特急「出雲」を、
鳥取近郊の跨線橋から撮影しました。
もうかれこれ4〜5年も前の事です。
そして先日、北近畿タンゴ鉄道を撮影に訪れた折、お天気がだんだん曇ってきて、
あまり撮影意欲が湧かなくなってしまったんです。
そこで丹後大宮近くの跨線橋の事を思い出し、久しぶりに縦流しに挑戦する事にしたんです。
ちょいと低速シャッター過ぎたかな!?(汗)
でもまぁ鼻っぱしらが同調しているので良しとしよう(笑)

2012年06月18日 01:26 | タンゴエクスプローラー | コメント(6)

宮福線水のある情景


宮福小川
宮福線に特急タンゴエクスプローラーが走り始めた頃から撮影していますが、
当時に比べて撮影出来る場所は半減しました。
それは電化により、コンクリート製の太いポールに加え、
太いケーブルまでもが増設されてしまって、
撮影などする気になれなくなった場所。
それと何と言っても高速道路の開通により、
特にお気に入りだった場所にインターが出来たり、
高ポイントの立派な築堤の真上に高速道路が完成した場所もある。
また、年月と共に植物に覆われ、撮影不能になった場所もある。
しかしながら、それでも探せば以前は気が付かなかったポイントがあったり、
近年にわかに増えて来た北近畿タンゴ鉄道ファンの皆様による、
新しい視点によって開拓されたポイントもあり、
私もそれを真似て撮影させて頂く事も最近では少なく無い。
撮影ポイントが少なくなった宮福線で、どの様に撮影しようか!?
と考え、工夫しながらといった試行錯誤も、
なかなか楽しいものですね。
宮福たんぼEXP

2012年06月16日 01:22 | タンゴエクスプローラー | コメント(4)

早朝の山影に浮かぶ


甲山俯瞰
久美浜湾のほとりにそびえる兜山の中腹から、
朝1番のエクスプローラー普通列車を撮影してみました。
撮影時は、列車が山影に溶け込んでしまい、もうダメかと思いました。
ところが現像してプリントしてみると、意外と列車が潰れないで写っていました。
写真というのは、例えもうダメだ!と思っても、
諦めずに撮影を続けたら、時として良い結果が得られる事も、
たま〜にあります。

2012年06月13日 16:08 | タンゴエクスプローラー | コメント(4)

新緑の季節


ktr5月1
ここで撮影するのは本当に久しぶりです。
カメラをセッッティングしてタンゴディスカバリー車使用の特急「はしだて」号を待ちます。
ところがところが…
あろう事に画面上で丁度列車の先頭部分の位置に、佐◯急便のミニ配送車が停車!
他にも停める場所は沢山あるのに、よりによってなんでそこなのよぉ!
ってボヤきながら撮影。
前面先頭部分が写っていないのは、そのためなんですぅ〜。
まぁまた来年再撮影すれば良いか!☆

2012年06月11日 01:21 | タンゴディスカバリー | コメント(4)

上福井浄水場のツツジ2012


ktr5月2
今からおよそ20年ほど前、
まだタンゴエクスプローラーが京都行きだった頃、
よくここを訪れました。
その頃はまだ国鉄色のキハ181特急「あさしお」や
急行ながらグリーン車も連結された「丹後」も健在で、
なかなか楽しめた区間でした。
 
時は流れ近年、西舞鶴ー宮津間に特急型車両を使用したお得な普通列車は健在ながら、
時刻表上の優等列車は姿を消し、正真正銘のローカル線となってしまった。

2012年06月07日 22:53 | タンゴエクスプローラー | コメント(4)

久々の流し撮り


ktr5月7
ktr5月3
例え失敗しても何度でも消去してまた使え、
撮影枚数が無制限と言っても過言ではないデジタルに比べ、
最大でも36枚しか撮影出来ず、失敗したらもうそれまでのフイルムでの撮影。
フイルム代や現像代もバカにならないので、
最近ではカット数が多くり不経済な流し撮りはめっきりしなくなってしまった。
しかし季節は移ろい、水田に車体が映る光景を想像すると、
不経済とは知りつつも、ついついやってしまう流し撮り。
2枚目の夢ちゃん2は、ちょっとフレーミングをミスったが、
私的には完全はシンメトリーも良いが、こういうのもアリです。

2012年06月03日 01:00 | タンゴエクスプローラー | コメント(0)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。