スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 --:-- | スポンサー広告 | コメント(-)

南海特急10000系「復刻サザン」を撮る!


鳥取ノ荘1
鳥取ノ荘2
南海特急10000系「復刻サザン」を撮る!
この日はもしかすると晴れるかもしれない!?と思い早起きして箱作まで行ってみましたが、
残念ながらそうは行きませんでした。
そしてなんば駅から折り返してくる「復刻サザン」を、以前から気になっていた
鳥取の荘駅近くのたんぼで撮影しました。
流し撮りしてみましたが、あきまへんなぁ!
一見上手く行っている様に見えますが、どれもルーペでよく見るとブレていて今回は失敗でした。
特に2枚目の7000系との繫ぎ目の写真には、女性の車掌さんがせっかくこちらを向いているのに
本当に残念な事をしました。
今回の画像は、その中でまだマシなものにアンシャープマスをかけて修正してあります。
ここでの撮影は、成功するまでこの夏の宿題としたいと思います。
8月に入るとまたサンライズも撮影に行かないといけない
(別に行かないと誰かに怒られる訳ではないんですが)ので、何とか今月中にキメたいものです。
今度はあまり無理をせず、シャッタースピードをもう少し早くして
失敗のリスクを軽減させようかな!?と弱気な事を思ったりしています。
撮影日:2015/7/2
撮影地:南海本線 鳥取ノ荘ー尾崎にて
使用機材:CanonEOS7D EF70-300F4-5,6L IS USM
手持ちにて撮影

スポンサーサイト
2015年07月09日 20:20 | 南海電車 | コメント(0)

南海特急10000系「復刻サザン」を撮る!


箱作1
6月も終わり、いよいよ夏本番の7月となりました。
今日も早起きして南海電車の撮影に行って来ました。
今回訪れたのは、僅かながら海を入れて撮影出来たり、綺麗なS字カーブなど、
好ポイントが点在する南海本線随一の有名撮影地 箱作ー淡輪間です。
ここを訪れるのは今回が初めてとなります。
早朝、せっかく予定よりも早い急行和歌山港行きに乗れたのに、あろうことか、
普通電車に乗り換える泉佐野駅で、関西空港行きの普通に間違って乗ってしまい、
だいぶ時間をロスしてしまいました。
朝はボーッとしてこんな失敗をよくやらかします。
幸いお目当ての「復刻サザン」には何とか間に合い撮影出来ました。
このポイントでは多くの撮り鉄の皆さんは、今回の写真のアングルの逆向きとなる
S字カーブを撮影するのが定番のポイントです。
しかし僕は和歌山寄りに連結された座席指定特急車10000系が撮影したかったので、
後追いの撮影となりますが、このアングルで撮影しました。
晴れた日には、海の彼方に僅かですが関西空港連絡橋も見る事が出来ます。
そんな日にまた再チャレンジしようと思います。
撮影日:2015/7/2
撮影地:南海本線 淡輪ー箱作
使用機材:CanonEOS7D EF15-85 F3,5-5,6
手持ちにて撮影

2015年07月09日 19:57 | 南海電車 | コメント(0)

南海特急10000系「復刻サザン」を駅で撮る!


二色浜2
二色浜1
二色浜ピーチ
この日最後の撮影は、カーブを描いてやって来るシーンが手軽に撮影する事が出来る
二色浜駅のホームで行いました。
結果的に前回投稿した写真と似た様な感じとなり、お恥ずかしい限り。
実はこの撮影の前に、また流し撮りに失敗してしまい、
場所は違えど結局同じ様な構図の写真が続く事となってしまいました。
今回の二色浜駅ホームの撮影ポジション付近には、有難い事にベンチもあり、
お目当ての電車が来るまで休憩しながら待ちました。
すると駅横の踏切が鳴り出し、やって来たのはピーチアビエーションの塗装をまとった
ラピートでした。(3枚目)
この電車で画角を測定し、特急「サザン」の前4両がうまく収まる様、画角を決めました。
僕がカメラを構えていると、撮り鉄がもうひとり来られました。
その方は、僕を気にしつつ、あ〜でもない、こ〜でもない…とアングルを模索しておられました。
軽く挨拶を交わすとその方は、どうやらここで8両編成すべてを写し込みたいらしく、
僕に聞いてこられました。
しかし僕はご存知の通り、編成は平気でぶった切るわ、先頭の顔でさい画角からはみ出すわ、
おまけに順光より逆光が好き…ってな具合で、何のお役にも立てません。
きちんと列車姿写真を撮影される多くの撮り鉄の皆さんからしてみれば、
こんな列車写真は邪道なのかも知れませんが、一般の方の評価はそこそこだし、
まぁ自分さえ良ければ、別にいいかなぁ〜!(笑)
撮影日:2015/6/25
撮影地:南海本線 二色浜駅にて
使用機材:CanonEOS7D EF70-300F4-5,6L IS USM
手持ちにて撮影

2015年07月07日 16:35 | 南海電車 | コメント(0)

南海特急10000系「復刻サザン」を緑の中で撮る!


深日3
深日2
深日1
午前中、和歌山県との県境に近い孝子(きょうし)駅から
みさき公園駅まで歩きながら見付けたポイントへ、再び訪れました。
今回はみさき公園駅前から深日小学校前までコミュニティバスを利用しました。
目指す撮影ポイントまでは、まだ少しありますが、大変助かります。
旧深日駅ホームが今も残る深日変電所の先にあるカーブで撮影。
今回も申し訳ありませんが、編成の後ろ半分の7000系が写らない様にと!
それにしてもカメラのオートフォーカスって便利ですね!
最近ではわりと多用しています。
マニュアルカメラの時代が長かった僕にとって、オートフォーカスって本当に大丈夫なの!?
と言う不安感があり、今の機材になった当初、近くを走る阪急電車でよく練習したり、試したりしました。
最近は安全のために昼間でもヘッドライトを点灯している鉄道会社が増え、
撮り鉄にとって、それは嬉しい反面、そのヘッドライトが災いし、
上手くピントを追わない事があります。
しかし幸い南海電車は、ご覧の様に、点灯しているのはヘッドライトではなく、
列車識別用のライトのみなので、この程度なら問題なくピントを合わせてくれます。
撮影日:2015/6/25
撮影地:南海本線 みさき公園ー孝子にて
使用機材:CanonEOS7D EF70-300F4-5,6L IS USM
手持ちにて撮影

2015年07月07日 16:31 | 南海電車 | コメント(0)

南海特急「復刻サザン」をお手軽に撮る!


淡輪
午前中、井原里駅近くの田園と、孝子ーみさき公園間を徒歩で走破し、
和歌山港折り返しの復刻サザンなんば行きを流し撮りするも失敗に終わり、
少々お疲れ気味でみさき公園駅まで戻りました。
次の復刻サザンは、どこかお手軽に撮影出来るポイントは無いかな!?
と思案した結果、みさき公園の次の淡輪駅ホームから撮影する事に決めました。
ここならライティングはイマイチでしたが、奥がカーブしているため、
編成の半分を占める7000系一般車が上手く隠れそうです。
そうなのです!
僕は10000系座席指定特急車両の復刻塗装が好きで、なんば寄りに並結された7000系には、
あまり興味が無いのです。
10000系の4両だけが撮りたいのです。
ですから重要な撮影ターゲットは10000系が先頭となる、なんば発の和歌山市方面行きとなり、
後追いとなるなんば行きの電車は
少々工夫が必要となるのです。
さて、今回のサザンも、後ろの7000系が写らない様にと!
あっ!ちょっとだけ写っちゃった!!(汗)
背景の森は多分、小さな古墳だと思われます。
撮影日:2015/6/25
撮影地:南海本線 淡輪駅にて
使用機材:CanonEOS7D EF70-300F4-5,6L IS USM
手持ちにて撮影

2015年07月07日 16:28 | 南海電車 | コメント(0)

南海特急「復刻サザン」和歌山港行きを撮る!


深日11
深日10
6/25(木)
早朝の井原里の田園で撮影後、大阪府と和歌山県境の峠区間へ移動しました。
何度か車窓から、ここだったら何とか撮影出来そうなポイントがあるだろう!
と見当を付けていた孝子ーみさき公園間で撮影を試みました。
かつて南海電鉄の秘境駅なんて言われていた孝子駅周辺は、
平行する国道26号線バイパス工事たけなわで、もう秘境とは言えない有様と化しています。
それでも何とか切り取って撮影出来るだろうと思い、
孝子(きょうし)駅からみさき公園駅までを歩いてみる事にしました。
しかし元々国道がピタリと線路と平行しているうえ、大規模な道路工事のため、
巨大な橋脚が建設されていたり、関係者以外は立ち入れないエリアの存在もあり、
なかなか思う様な場所はありません。
そうこうしている間に、お目当ての復刻サザンがやって来る時間と相成りました。
結局あまり本意ではない、こんな正面ドカン!な構図でしか撮影する事が出来ませんでした。
でも行き先の標示が珍しい和歌山港行きなので、まぁいいかな!?
撮影日:2015/6/25
撮影地:南海本線 みさき公園ー孝子
使用機材:CanonEOS7D EF70-300F4-5,6L IS USM
手持ちにて撮影

2015年07月07日 16:24 | 南海電車 | コメント(0)

サザンプレミアム


井原里プレ
井原里プレ2
復刻サザン10000系を撮影していると、さまざまな形式の電車が行き交い、
退屈する事はありません。
今回の画像は座席指定特急車「サザンプレミアム」です。
一体何がプレミアムなのでしょう!?
この車両だけが車内がゴージャスなのかと思い、駅に停車している時に車内をチラッと覗き込むと、
なるほど座席がやや重厚で、10000系などに比べ、深いバケットタイプの座席が並んでいました。
撮るなら復刻サザン、乗るならこのプレミアムと行きたいところですが、
運用は判らないので乗れるか乗れないかは運ですね!
撮影日:2015/6/25
撮影地:南海本線 鶴原ー井原里
使用機材:CanonEOS7D EF15-85 F3,5-5,6
手持ちにて撮影

2015年07月07日 16:20 | 南海電車 | コメント(0)

南海空港連絡特急ラピートさまのお通り!


井原里ラピ
ラピサイド
特急復刻サザンを撮影していると、区間によってはこの特急電車もやって来ます。
しかしこの電車は、特急サザンをはじめ、他の車両とは一線を画し、威風堂々とやって来ます。
映画「さようなら銀河鉄道999」に出て来る「幽霊列車」の様です。
僕は常々思うのです。
どうしてこっちが京都行きの「はるか」ではないのか!と。
この電車の普通車もラグジュアリーな雰囲気で快適なのですが、
ワンランク上のスーパーシートは、横3列のゆったりとした座席で、
それはJR特急のグリーン車に匹敵するか、それ以上の水準ではないかと思われます。
こんな素晴らしい電車が、なぜ乗車時間が1時間にも満たない区間を走っているのか!
せめて2〜3時間この電車の乗車を楽しんでみたいものです。
JR西日本の関空特急「はるか」も、決して悪く無い水準の特急電車ですが、
このラピートと並ぶと、流石に存在感では負けてしまいます。
鉄道車両では珍しい、楕円形の窓が整然と並ぶサイドビューもなかなか素敵な電車です。
撮影日:2015/6/25
撮影地:南海本線 鶴原ー井原里
使用機材:CanonEOS7D EF15-85 F3,5-5,6
手持ちにて撮影

2015年07月07日 16:10 | 南海電車 | コメント(0)

南海特急「復刻サザン」等を撮る!


井原里1
井原里2
井原里妖ウォ
南海電鉄開業130年を記念して、懐かしい緑色の基調の塗装に戻された
10000系特急型車両x4両+7000系一般車両x4両で組成された特急「サザン」を撮影しました。
まずは早朝の鶴原ー井原里間の田園で撮影。
なんば(南海電車はひらがな)寄りに並結された7000系一般車両が、
あまり目立たない様に撮影してみました。
撮影時、僕がカメラを構えているのに何と一人のおじさんが、
画面前方の架線鉄塔の下に立たれました。
そのおじさんは、僕には全くおかまい無しな振る舞いで、
恐らく一般の写真愛好家だと思われました。
僕は唖然としましたが、そのおじさんには何も言わず、そのまま撮影しました。
そして帰宅後、画像修正により、消えて頂きました。
誠に便利な時代になったものです。
3枚目の「妖怪ウォッチ」のラッピングはおまけ。

撮影日:2015/6/25
撮影地:南海本線 鶴原ー井原里
使用機材:CanonEOS7D EF15-85 F3,5-5,6
手持ちにて撮影

2015年07月07日 16:08 | 南海電車 | コメント(0)

旧塗装の特急サザンを撮影!


6:18サザン
南海電車の撮影なんて一体何年振りかなぁ!?
恐らく二十数年振りかと思います。
撮影地などの情報は皆無に等しいので、今日は下見を兼ねた撮影。
まずは乗ってロケハン。
みさき公園駅から孝子〜紀の川辺りを車内から観察。
外は生憎小雨模様で、並走する大型トラックなどが行き交う国道を長時間歩くのは気が引けるので、
なるべく駅から近い場所を探しましたが、思う様な場所は極めて少なく難儀しました。
結局、みさき公園で下車し、和歌山市方向へ向かいました。
そして四苦八苦しながら撮影出来たのが今回の1枚です。
足回りやスカートが草で隠れてる…などのご指摘は重々お受けいたしますが、これが精一杯でした。
来週再チャレンジの予定です。

撮影日:2015/6/18
撮影地:南海本線 みさき公園ー孝子
使用機材:CanonEOS7D EF70-300F4-5,6L IS USM
手持ちにて撮影

2015年07月07日 16:00 | 南海電車 | コメント(0)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。