スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 --:-- | スポンサー広告 | コメント(-)

2/28の撮影 その4 光り輝く去り行く列車たち


ブ2/28神崎1
この日はまる1日晴天に恵まれ、早朝から夕方にかけて存分に列車の撮影を楽しむ事が出来ました。
今回の撮影地も、いずれも前に何度か同じ様な構図で撮影しています。
でもね、いくら前に撮影して、それなりの結果が得られていても、
「もしかしたら今日は以前に撮影した写真の出来をもっと上回るくらいの
結果が得られるかも知れない!」という欲が出て来るものなのです。
私の場合は。

1枚の写真の由良川鉄橋東詰での撮影は、今年に入ってこれが3度目となります。
いよいよ3月15日をもって引退するエクスプローラー車使用の観光列車
「タンゴ浪漫」号と川向こうの丹後由良駅で行き違う普通列車なんですが、
確か前回は夢1で、今回は奇しくも夢2でした!(いずれも特別塗装車)

ブ2/28神崎2
そして大本命の「タンゴ浪漫」号が、相変わらずソロリソロリと由良川鉄橋を渡って来ます!
それも真っ青な青空の下、傾きかけた西日を車体いっぱいに浴びてキラキラ輝きながらやって来ました!☆
そしてそのキラキラは、由良川の川面にも反射して、
名舞台に登場したトップスターをより一層引き立てている様でした。


ブ2/28公庄3
タンゴエクスプローラー同様、3月のダイヤ改正で車両置き換えにより引退する183系特急型電車。
こちらも忘れてはならない被写体です。
こちらもエクスプローラーに負けじと、夕日を車体いっぱいに浴びて、特急「はしだて7」号が
光り輝きながらカメラのファインダーの中を駆け抜けて行きました!☆
それはまるで最後の輝きを放っているかの様に見え、とても感慨深く、
心に残るシーンでした。
ブ2/28公庄4

2013年03月05日 01:46 | 色々な車両たち | コメント(2)
撮影お疲れ様でした。
名車というのはどことなく輝きやオーラを纒っていますよね。

最後の最後まで輝き続けて欲しいですね。
2013年03月07日 04:01 けんたろー [編集]
いつもありがとうございます。
特に国鉄時代の車両は、どれも丈夫で風格を感じられますかねぇ。
その点エクスプローラーが名車に入るかどうかはわかりませんが、
優美なスタイルが特徴だった同車が車両史上、多くの人達の心に残ると私も嬉しいです。
2013年03月08日 09:52 タンゴエクスプローラー [編集]
コメントの投稿












 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。