スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 --:-- | スポンサー広告 | コメント(-)

宮福線 霧の情景2


ブ3/7公庄1
先日の3月7日も前夜から自宅のある西宮を出発し、北近畿タンゴ鉄道の撮影に出掛けました。
この日は早朝の宮福線で列車の撮影を行い、その後はいよいよ15日で定期運用から引退が決まった
タンゴエクスプローラー車使用の列車に乗って楽し見ました。
その時のお話は、また別の機会にする事としましょう。
出発前に現地のお天気をチェックすると、ほぼ晴れとの事でした。
確か先週はとても幻想的な霧の中を行く列車の撮影が出来たので、日中のお天気が晴れだったら、
また霧が発生するかも知れません。
そこで今回の撮影は大江駅前付近で朝まで仮眠し、早朝にやって来る
特急「たんごリレー2」号から撮影する事に決めました。
上の1枚目の写真はその列車で、まだ朝日よりも霧の勢いの方が優勢で、
正に霧のベールに包まれそうなエクスプローラーとなりました。

ブ3/7二俣1
場所を二俣付近に移動しました。
予想通り、朝日が昇ると大変幻想的な景色となりました。
ブ3/7二俣2
この様な現象は、意外とすぐに終わってしまう事が多いので、
霧が消えて何の面白味もない景色に変わる前に撮影しておきたいところです。
画面左よりの架線の上に1羽の鳥がとまっています。
ブ3/7二俣3
架線にとまった鳥は、ディーゼルエンジンを吹かしながら駆け抜ける
エクスプローラーに驚いて逃げる事なく、とまり続けた
しかし草むらから1羽の小鳥が列車に驚いたのか、飛び出してきた。
(1両目のドア付近)
ブ3/7二俣4
何とかディスカバリー車で運行されている特急「たんごリレー4」号まで撮影する事が出来ました。
この列車を撮影後、私達は福知山駅に向かい、駅構内のミスドで軽く朝食を済ませ、
福知山発の観光列車「大江山浪漫」号に乗り込みました。

2013年03月09日 17:12 | 色々な車両たち | コメント(0)
コメントの投稿












 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。