スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 --:-- | スポンサー広告 | コメント(-)

南海特急10000系「復刻サザン」を撮る!


箱作1
6月も終わり、いよいよ夏本番の7月となりました。
今日も早起きして南海電車の撮影に行って来ました。
今回訪れたのは、僅かながら海を入れて撮影出来たり、綺麗なS字カーブなど、
好ポイントが点在する南海本線随一の有名撮影地 箱作ー淡輪間です。
ここを訪れるのは今回が初めてとなります。
早朝、せっかく予定よりも早い急行和歌山港行きに乗れたのに、あろうことか、
普通電車に乗り換える泉佐野駅で、関西空港行きの普通に間違って乗ってしまい、
だいぶ時間をロスしてしまいました。
朝はボーッとしてこんな失敗をよくやらかします。
幸いお目当ての「復刻サザン」には何とか間に合い撮影出来ました。
このポイントでは多くの撮り鉄の皆さんは、今回の写真のアングルの逆向きとなる
S字カーブを撮影するのが定番のポイントです。
しかし僕は和歌山寄りに連結された座席指定特急車10000系が撮影したかったので、
後追いの撮影となりますが、このアングルで撮影しました。
晴れた日には、海の彼方に僅かですが関西空港連絡橋も見る事が出来ます。
そんな日にまた再チャレンジしようと思います。
撮影日:2015/7/2
撮影地:南海本線 淡輪ー箱作
使用機材:CanonEOS7D EF15-85 F3,5-5,6
手持ちにて撮影

2015年07月09日 19:57 | 南海電車 | コメント(0)
コメントの投稿












 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。