スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 --:-- | スポンサー広告 | コメント(-)

南海特急10000系「復刻サザン」を撮る!


南海特急10000系「復刻サザン」を撮る!
ここは南海本線屈指の撮影地、箱作ー淡輪間で、すぐ横は海浜公園となっています。
このアングルは、何人かのお友達にも勧められ、初めて撮影してみました。
2カ所ほど、良さげな踏切があり、適度な勾配を登って来るアングルで、
どちらでもカッコ良く撮影出来そうですが、ひとつだけ気になる問題がありました。
それは背景に、あまりにも沢山の電線が画面に写り込んでしまう事で、
これには絶句してしまいました。
海とは反対側は、大きな新興住宅地となっており、電車の架線に加え、
ライフラインの為の沢山の電線が加わるので、仕方ありません。
本当は、わりと広角系のレンズを使って、サイドビューを強調したスピード感のある作風を予定していましたが、
なるべく電線が目立たない様にするため、急遽望遠レンズで撮影する事にしました。
おかげでオーソドックスな画角になってしまいましたが、夕方の光線を浴びてやって来る、
美しい姿写真が撮影出来ましたので、今回はこれで良しとします。
2枚目は振り向きざまに撮影した自由席車7000系のサイド。
この車両も近々引退するそうなので、撮影を勧められましたので…(笑)
3枚目はおまけ。普通の「サザン」
この普通の「サザン」編成中の真ん中の2両の窓の形状が違っています。
これはかつて2両単位だった座席指定車10000系の4両化に際し、
後から増備して継ぎ足した車両に違いありません。
僕は綺麗に揃っているのが好きなので、正直この編成は、あまり好きにはなれません。
特急「サザン」にはこれらの他、乗り得な「サザンプレミアム」と言う車両もあります。
3枚目の僅かに海が入った構図は、午後になると車体側面に日が当たらないため、
被写体の主張性がやや弱まります。
2015/7/30
南海本線 箱作ー淡輪にて
箱作2
7000系
箱作4
箱作5

2015年08月30日 00:55 | 南海電車 | コメント(0)
コメントの投稿












 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。