スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 --:-- | スポンサー広告 | コメント(-)

丹後の家並みと


1,26赤坂
阪神間に住んでいる私にとって、北近畿タンゴ鉄道の沿線、
とりわけ旧JR宮津線沿線の鄙びた感じの佇まいは、普段見慣れない郷土色豊かな趣を感じます。
ですから常々近代的なデザインのタンゴエクスプローラーと、
こうした趣きのある家並みとの組み合わせを意識して撮影しております。
今回の写真を撮影した場所は、峰山ー網野間の小さな鐘楼のある小高い丘の上から撮影しました。
屋根に雪が積もっている事を期待しましたが、生憎!?のぽかぽか陽気のせいで、
僅かに残っていた積雪は、瞬く間に解けて無くなってしまいました。
またいつの日かこの場所で、こんもりと屋根に雪が積もった情緒的な写真を撮影してみたい所です。

2012年02月24日 16:57 | タンゴエクスプローラー | コメント(2)
ほんとにエクスプローラー様をはじめ多くの方々の撮影ポイントは
地元民の僕にとって目からウロコです。

僕にとってこのような家は趣もなにも当たり前すぎて
視線がいきませんが、それが盲点なんでしょうね。

こうしてみると「なるほど…」と、思わずにはいられません。
灯台元暗し、今一度我が町を見つめ直しますか!
2012年02月24日 21:57 chosan [編集]
chosanさま

ありがとうございます。
もう少し瓦屋根が密集していても面白いかもしれませんね〜。
そんな場所はないかと、色々見て回っておりますが、未だ見つけられておりません。
ここは田んぼが綺麗な季節にまた撮影してみようと思っております。
chosanさまも如何でしょうか!?
2012年02月24日 23:18 タンゴエクスプローラー [編集]
コメントの投稿












 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。