スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 --:-- | スポンサー広告 | コメント(-)

舞鶴線のエクスプローラー


梅迫真倉011編成
まだ電化前の舞鶴線の名撮影地、梅迫ー真倉の築堤を行くタンゴエクスプローラーです。
実はこの列車はエクスプローラー第2編成が初めてのゴールデンウイーク運用を終えて
京都総合車両所から西舞鶴への回送列車なんです。
ですからまだピカピカでしょう!(床下の消化器もよく見えます)
この回送列車は、西舞鶴操車場への転線の都合なのかどうか判らないんですが西舞鶴到着後、
何故か一旦隣の四所駅へ回送され、再び西舞鶴へ戻るという運用だったんです。
その事は鉄道ダイヤ情報に掲載されていましたので承知しておりました。
おかげで当時、普段なら多くても4回しか撮影チャンスのないエクスプローラーを
この日は7回も撮影出来、大変満足した事を覚えております。

2012年03月01日 23:59 | タンゴエクスプローラー | コメント(2)
こんばんわ
以前のコメントと重複しますが
真新しいエクスプローラー、その初対面は衝撃的でした。
この片田舎を走る列車にしては格好良すぎる。
KTR管内ではそれほど速い速度で走行していないんですが
何度か宝塚近くの名塩駅で猛スピードで通過するのを見た事があります。

とても速くてトンネルから出てくるまで
エクスプローラーとはわかりませんでした。
残念な事ですが懐かしい思い出となってしまいました。
2012年03月02日 00:29 chosan [編集]
chosanさま

ありがとうございます。
JRから北近畿タンゴ鉄道に移行した当初は宮津線を走るタンゴエクスプローラーは
かなり格好良く見えた事でしょうね〜!
福知山線を3両でピャ〜ッ!と走り去る姿も、どことなく可愛らしい印象も受けたものです(笑)。
以前久美浜から新大阪まで乗車する機会に恵まれました。
大阪から新大阪までの区間で満員の通勤電車と並走するシーンがありましたが、
みんな好機のまなざしでこちらを見ていたのが印象的でした。
2012年03月03日 01:24 タンゴエクスプローラー [編集]
コメントの投稿












 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。