スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 --:-- | スポンサー広告 | コメント(-)

迫り来る山影


東雲迫る山影
由良ヶ岳の東側にあたる宮津線東雲ー丹後神崎間は、太陽が由良ヶ岳に沈む関係で、
夏至前後の時期でも意外と早く山影に入り、夕方の斜光線での撮影が困難な区間です。
そしてお気に入りのこの場所も特に山影の影響を受け易い場所で、
この時も西舞鶴17時36発のエクスプローラーの通過が近づくにつれ、
線路に向かって山影が忍び寄ってくるではありませんか!
西日が当たって綺麗だった田んぼは完全に山影に覆われ、
やがて線路のある低い築堤を覆おうとした時、
待ちに待ったエクスプローラーが残照をいっぱい浴びながら通過しました。
正に1分1秒を争う手に汗握る撮影ですが2012年のダイヤ1部修正により、
このエクスプローラーは何と運転時間が1分遅くなってしまいました。
乗車する分において、1分位の修正は何ら大した事ではありません。
しかし撮影するにあたっては、その影響は非常に大きいと思われます。

2012年07月29日 02:30 | タンゴエクスプローラー | コメント(2)
おはようございます。
仰るとおり、日が沈む時間の1分はかなり違いますよね。
それでもこの写真、濃い青の空と黒い山の中、ハイデッキの窓に光が反射したエクスプローラー!
とても印象的です。ホンマ、カッコエェです!
2012年07月29日 07:15 chosan [編集]
chosanさま

おはようございます!
本当にこの時はハラハラしながらの撮影でしたが、
ファインダーの中のエクスプローラーは綺麗でまるで新車の様でした☆
本当はもう結構ボロいのにねぇ(笑)
また、この時はわりと澄み切ったクリアな青空だった事も幸いでした。
2012年07月29日 09:24 タンゴエクスプローラー [編集]
コメントの投稿












 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。